治療内容のご案内─保険診療

主な保険診療科目

整復・固定 はり・きゅう 整骨手技療法 牽引療法 冷温罨法・電気療法 交通事故

整骨・鍼灸

●健康保険(協会けんぽ・組合健保・船員建保・共済組合・自衛官・国保・後期高齢)
●労災保険(通勤災害・業務災害)
●自賠責保険(交通事故)

整骨は日常生活や運動などにおいて骨折・打撲や挫傷(肉ばなれ)・捻挫をしたと認められる症状に対し各種健康保険が適用になります。
鍼灸は神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚肩腕症候群・頸椎捻挫後遺症(むちうち等)に対し各種健康保険が適用になります。

※鍼灸の保険診療は医師の同意書が必要です。

充実した治療内容で皆様の健康を力強くサポート

こんな症状の時に接骨院での保険が適用になります

整骨の保険診療

主な保険診療の対象

骨折※1脱臼※1打撲捻挫ムチウチ突き指肩の痛み※2腰の痛み※2膝などの関節の痛み※3筋肉痛※3など

※1 骨折・脱臼は初回応急処置の後、継続して治療するには医師の同意が必要です。
※2 症状によっては保険が適用されず、自費診療となる場合があります。
※3 運動後の関節や筋肉などの痛みも原因がはっきりしていれば保険が適用されます。

保険の適用についてはご相談ください。

・接骨院(整骨院)では骨・関節・筋肉などのケガや痛みで、原因がはっきりしているときに健康保険が適用になります。
・接骨院(整骨院)で骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷と判断されたときに健康保険が使えます。
・マッサージ代わりの疲労回復や慰安目的では保険の適用にはなりません。
・変形性関節症、五十肩、ヘルニア、肩こりなどがあった場合、その病名では保険の適用にはなりませんが、その周囲で起きた原因のあるケガや痛みは保険が適用されます。

鍼灸の保険診療

保険で鍼灸を受けるには

当院で同意書用紙をお渡しします。
同意書をかかりつけの医師、病院等に持参し、必要事項を記入していただきます。
同意書と保険証を持ってご来院下さい。保険で鍼灸治療が受けられます。