整復・固定

整復・固定

整復・固定(骨折、脱臼、捻挫やスポーツ時の損傷時に対して治療を行います)

骨折(前腕骨遠位端部骨折の治療)

前腕骨遠位端部骨折の整復・固定

徒手整復で解剖学的整復位が得られています。

機能的にも解剖学的にも良好な治癒を目標とします。

脱臼の治療(肩関節前方脱臼の治療)

最も疼痛とリスクの少ないゼロ・ポジション法で整復しています。
固定は日常生活がしやすい内旋位固定を採用しています。

捻挫の治療

筋・腱・靭帯の損傷程度により包帯、テーピング、硬性材料を用いた固定などを使い分けています。
※水硬性ギプスや熱可塑性キャスト等の特殊な固定材料を使用した場合や包帯交換は一部自己負担となります。