DYMOCOインソール

DYMOCOインソール

スポーツ障害、外反母趾でお困りの方、膝の変形で痛みのある方、 歩くときに痛みを感じる方、足が疲れやすい方、足・靴でお悩みの 方、あなただけのインソールを制作します。歩行分析を行い、足の形状を確認して、インソール(中敷)によって歩行のバランスを改善 させます。
歩くことが楽で気持ちよいと感じることができると思い ます。

このように、足の長さや幅などを測ります。
きちんと足のサイズを測ることによって、適切な靴の大きさ、靴の 幅を知ることができます。靴には、長さだけではなく幅にも種類があるのを知っていますか?
E、EE、EEEなどの表示を見たことあると思いますが、それが足の 幅のサイズです。これも、きちんと自分に合ったものを選ばないと、 靴の中で足が動いてしまって、足が痛くなる原因になりますよ!!

このように、インクを付けた台の上に紙をのせ、足型をとります。
これで分かることは、外反母趾の程度、土ふまずのアーチの様子、 荷重のかかる場所などです。 指の跡が全然つかなければ、歩行時にも指がきちんと使えてない ことになりますね。これで、患者さんの足の状態について知ることができました。
次に知らなければいけないことは、その方の体のバランスと歩き 方です。
痛む部分(患部)だけをみるのではなく、痛みの原因を根本から解 決させるため、全身のバランスを観察します。
写真は、からだの左右のバランスをチェックしています。
歩き方を詳しく観察し、バランスをチェックしています。
この段階で、使用するパッドとその形状が決定されるため、非常 に重要な作業です。
人によって歩き方が異なりますので、使用するパッドも必然的に異 なってきます。
いざ、“歩いてください”と言われると、緊張して不自然な歩き方に なってしまいがちですが、普段の意識しない歩行を見ないと適切 なパッドを選ぶことができないので、リラックスして歩いてください ね。これで、患者さんの体の状態を知ることができました。
次は、いよいよ、パッドを使った作製作業に入ります。
足の形も千差万別です。
その方の歩き方や足の形に合わせて、パッドをカットします。
これによって、足とインソールとのフィット感が飛躍的に向上するのです。
その方の歩き方を、バランス良くするためには、パッドの凸凹も目的に 合わせて変える必要があります。
専用の機械(グラインダー)で削るこの作業は、熟練を要する非常に高 度な技術なのです。
大きなパッドもあれば、小さなパッドもあるので、本当に難しいのです よ!!
削り終えたパッドを中敷きの正しい位置貼っていきます。
足の裏の感覚は非常に敏感ですので、正しい位置から数ミリずれてい ても効果が変化し、かえって違和感を生じさせます。
ですから、この作業も熟練を要するのです。この段階で、だいたいの形ができあがります。

この段階で一度、インソールを靴に入れてもらい、症状の変化や歩き方 を再チェックします。

自分が思い描いたように歩行が改善されているか確認です。
そしてここから、必要に応じてパッドを加えたり、さらに削ったりして調 整を加えて完成させます。

足の裏は非常に敏感です!!
小さな石ころが一つでも入っているだけで、違和感を感じますよね。
ですから、靴を履いて、さらに歩いてみて感じる違和感は取り除かなけ ればなりません。
履いてもらって調整して、また履いてもらって調整して、と何回か繰り 返し、初回の作製は終了となります。

初回で作製したインソールを履いて、患者さんに生活してもらいます。
そして、作製後も2~4週間に一度の割合で、症状と歩行のバランスを チェックします。
継続的に調整していくことで、症状を根本から解決できるようにします。このように、何度も修正を加えていくことで、あなただけの世界に一つし かないインソールが出来上がります☆これが、作製例で、裏から見た写真です。
色々なパッドが付いているのがわかりますか?
小さなパッドでも、歩行に影響を与えるのです。

自分の足にぴったり合ったインソールですから、歩いて外出するのが楽 しくなりますよ♪