治療内容のご案内─自費診療

自費診療≪主な自費診療科目≫

◆保険診療では物足りない方や慢性的な疾患でお悩みの方へ◆

■自費診療では、患者さんのご希望や症状に応じて整骨手技、はりきゅう、矯正治療、DYMOCOインソール作製などの治療を行います。
■もちろん、下記のような様々な体の症状にも柔軟に対応できますので、国家資格取得者である私達TAKEDA GROUPのセラピストにおまかせ下さい。

  • 慢性的な痛み
  • 様々な生活習慣病(肩こり・腰痛など)
  • 体の歪み・疲労・不眠・冷え症など

※健康保険の適用については保険診療をご覧ください。

 

充実した治療内容で皆様の健康を力強くサポート
こんな症状の時に接骨院での保険が適用になります

整骨の保険診療

主な保険診療の対象

骨折※1、脱臼※1、打撲、捻挫、ムチウチ、突き指、肩の痛み※2、腰の痛み※2、膝などの関節の痛み※3、筋肉痛※3など

※1 骨折・脱臼は初回応急処置の後、継続して治療するには医師の同意が必要です。
※2 症状によっては保険が適用されず、自費診療となる場合があります。
※3 運動後の関節や筋肉などの痛みも原因がはっきりしていれば保険が適用されます。

保険の適用についてはご相談ください。

  • 接骨院(整骨院)では骨・関節・筋肉などのケガや痛みで、原因がはっきりしているときに健康保険が適用になります。
  • 接骨院(整骨院)で骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷と判断されたときに健康保険が使えます。
  • マッサージ代わりの疲労回復や慰安目的では保険の適用にはなりません。
  • 変形性関節症、五十肩、ヘルニア、肩こりなどがあった場合、その病名では保険の適用にはなりませんが、その周囲で起きた原因のあるケガや痛みは保険が適用されます。

鍼灸の保険診療

保険で鍼灸を受けるには

当院で同意書用紙をお渡しします。
同意書をかかりつけの医師、病院等に持参し、必要事項を記入していただきます。
同意書と保険証を持ってご来院下さい。保険で鍼灸治療が受けられます。

手技療法

45分の全身調整コースのほか、ご希望にあわせ10分単位で治療時間をお選びいただけます。

とっても気持ちいいですよ(*^_^*)

はり・きゅう

はり・きゅうでツボを刺激すると軸索反射が起こり血管を拡張してくれます。

血行が良くなることで筋肉の緊張が緩み、痛みを和らげてくれます。

肩こりや腰痛をはじめ、頭痛、胃や腸の不調、冷え性や婦人科系の疾患などで悩んでる方も、一度ご相談下さい。
鍼灸師が親切・丁寧に対応します。

※健康保険でも鍼灸治療が受けられます。

骨盤矯正

体の土台である骨盤に歪みが生じると様々な問題が生じてきます。

腰痛を繰り返す、左右の足の長さが違う、靴の減り方が左右で違う、片側だけ体が曲げづらい等、思い当たる方には特にお勧めです。

手による矯正も行いますが、特殊なベットや器具を用いたお子様やご年配の方でも気軽にできる矯正も行っています。

DYMOCOインソール

スポーツ障害、外反母趾でお困りの方、膝の変形で痛みのある方、 歩くときに痛みを感じる方、足が疲れやすい方、足・靴でお悩みの 方、あなただけのインソールを制作します。歩行分析を行い、足の形状を確認して、インソール(中敷)によって歩行のバランスを改善させます。
歩くことが楽で気持ちよいと感じることができると思います。

インソール作製方法

ディモコインソールについて、詳しい情報はこちら

1.まずは足のサイズを測ります。

このように、足の長さや幅などを測ります。
きちんと足のサイズを測ることによって、適切な靴の大きさ、靴の 幅を知ることができます。靴には、長さだけではなく幅にも種類があるのを知っていますか?
E、EE、EEEなどの表示を見たことあると思いますが、それが足の 幅のサイズです。これも、きちんと自分に合ったものを選ばないと、 靴の中で足が動いてしまって、足が痛くなる原因になりますよ!!

2.次に足の型を取ります

このように、インクを付けた台の上に紙をのせ、足型をとります。
これで分かることは、外反母趾の程度、土ふまずのアーチの様子、 荷重のかかる場所などです。 指の跡が全然つかなければ、歩行時にも指がきちんと使えてないことになりますね。これで、患者さんの足の状態について知ることができました。
次に知らなければいけないことは、その方の体のバランスと歩き方です。

3.立位の姿勢を観察します

痛む部分(患部)だけをみるのではなく、痛みの原因を根本から解 決させるため、全身のバランスを観察します。
写真は、からだの左右のバランスをチェックしています。

4.次に歩行の観察です

歩き方を詳しく観察し、バランスをチェックしています。
この段階で、使用するパッドとその形状が決定されるため、非常 に重要な作業です。
人によって歩き方が異なりますので、使用するパッドも必然的に異 なってきます。
いざ、“歩いてください”と言われると、緊張して不自然な歩き方に なってしまいがちですが、普段の意識しない歩行を見ないと適切 なパッドを選ぶことができないので、リラックスして歩いてください ね。これで、患者さんの体の状態を知ることができました。
次は、いよいよ、パッドを使った作製作業に入ります。

5.まずはアーチパッドのカットです

足の形も千差万別です。
その方の歩き方や足の形に合わせて、パッドをカットします。
これによって、足とインソールとのフィット感が飛躍的に向上するのです。

6.次にアーチパッドを削ります

その方の歩き方を、バランス良くするためには、パッドの凸凹も目的に 合わせて変える必要があります。
専用の機械(グラインダー)で削るこの作業は、熟練を要する非常に高度な技術なのです。
大きなパッドもあれば、小さなパッドもあるので、本当に難しいのですよ!!

7.部品が出来上がったら、パッドの貼付です

削り終えたパッドを中敷きの正しい位置貼っていきます。
足の裏の感覚は非常に敏感ですので、正しい位置から数ミリずれてい ても効果が変化し、かえって違和感を生じさせます。
ですから、この作業も熟練を要するのです。この段階で、だいたいの形ができあがります。

8.次にパッド付加による微調整を行います

この段階で一度、インソールを靴に入れてもらい、症状の変化や歩き方 を再チェックします。

自分が思い描いたように歩行が改善されているか確認です。
そしてここから、必要に応じてパッドを加えたり、さらに削ったりして調 整を加えて完成させます。

足の裏は非常に敏感です!!
小さな石ころが一つでも入っているだけで、違和感を感じますよね。
ですから、靴を履いて、さらに歩いてみて感じる違和感は取り除かなけ ればなりません。
履いてもらって調整して、また履いてもらって調整して、と何回か繰り 返し、初回の作製は終了となります。

9.ついに完成です

初回で作製したインソールを履いて、患者さんに生活してもらいます。
そして、作製後も2~4週間に一度の割合で、症状と歩行のバランスを チェックします。
継続的に調整していくことで、症状を根本から解決できるようにします。このように、何度も修正を加えていくことで、あなただけの世界に一つし かないインソールが出来上がります☆これが、作製例で、裏から見た写真です。
色々なパッドが付いているのがわかりますか?
小さなパッドでも、歩行に影響を与えるのです。

自分の足にぴったり合ったインソールですから、歩いて外出するのが楽しくなりますよ♪

ディモコインソールについて、詳しい情報はこちら

テープ療法

痛めた組織や噛み合わせの悪い関節に貼ることによって疼痛改善と運動能力向上を目的とした治療です。

超音波観察

最新の超音波観察装置により、筋・腱・靭帯・骨を検査し正確に損傷部位、損傷程度を把握し治療に生かしています。