新着記事一覧

ぎっくり腰の原因と解消法を詳しく解説!治る期間は?湿布の効果など

症状の原因と対策

 

あまりの痛さに欧米では「魔女の一撃」ともいわれている「ぎっくり腰」。

しかし「ぎっくり腰ってどんなときになるの?」「ぎっくり腰はどうやって治すの?」と疑問や不安を抱えている人もいるでしょう。

 

今回はぎっくり腰の原因や自分でできる解消法をくわしくご紹介します。

また気になる疑問についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ぎっくり腰にならないよう、日頃から対策して、もしなってしまったときはパニックにならないよう、きちんと知識を身につけておきましょう。

ぎっくり腰の症状

 

ぎっくり腰は正しくは「急性腰痛」といいます。

その名のとおり突然腰に激痛が走り、その場から動けなくなったり、座り込んだまま立ち上がれなくなったりします。

 

ぎっくり腰は重い荷物を持ったときやくしゃみをしたときなど、さまざまな動作がキッカケで起こるもの。

突然痛みに襲われることから「骨を悪くしたのでは?」と考える人も多いですが、実はぎっくり腰は「腰の肉離れ」である可能性が高いです。

 

ではぎっくり腰になってから回復するまで、どのような症状があるのか一例を見ていきましょう。

 

  • ぎっくり腰になった直後

→腰に激痛があり、歩行はおろか寝返りも困難になる。

 

  • 2~3日後

→痛みが少し和らぐ。チクチクと針を刺すような痛みがある。

 

  • 1週間後

→かなり痛みが引き、歩けるようになる。普段通りの生活が送れるようになる。

ぎっくり腰の原因はストレス?冷え?実は原因不明?

ぎっくり腰はさまざまな原因で起こるため、正式に「これが原因です」とは一概にはいえません。

一説によると原因不明ともいわれますが、以下のことが原因でぎっくり腰になる可能性が高いです。

 

  • 筋肉が疲れている

→筋肉疲労により、腰の靭帯に負担がかかるとぎっくり腰になりやすい。

 

  • 冷え

→冷えは血管を細くするので、血液に十分な栄養が送られなくなる。冷えると筋肉も緊張する。

 

  • ストレス

→悩みや不安などの心理的ストレスが大きいと、ぎっくり腰になりやすいといわれている。

 

  • 内臓が疲れている

→内臓がストレスを感じると腰の筋肉が緊張してぎっくり腰を引き起こしやすくなる。

 

  • 運動不足

→運動不足の人は筋肉が疲れやすく、ぎっくり腰を引き起こす可能性が高い。

 

ぎっくり腰は上記の項目のどれか一つが原因で起こることもありますが、いくつかの原因が重なって起こる可能性も高いです。

結果的に腰の筋肉に疲労が蓄積するとぎっくり腰になりやすいため、「腰が痛い」「腰に違和感がある」という人はマッサージを行い、筋肉の疲労を解消しましょう。

 

またストレッチで柔軟性を高めるとぎっくり腰が起こりにくくなります。

ぎっくり腰の治る期間はどのくらい?

 

ぎっくり腰は一般的に1ヶ月~1ヶ月半ほどで日常生活を送れるようになるといわれています。

もちろん個人差はありますが、1~2週間で痛みが落ち着く場合が多いでしょう。

 

しかし無理して動いたり、腰に負担をかけるような動きをすると回復までの道のりが長くなります。

ただ回復してからは安静にしすぎると逆効果になるともいわれることも。

 

「痛みが和らいできたな」と感じたら、少しずつ元の生活を送れるようにゆっくり行動を開始しましょう。

そしてぎっくり腰をくり返さないよう、ストレッチを行ったり整体に通ったりなど対策を行うのがおすすめです。

ぎっくり腰に湿布は効果ある?

 

ぎっくり腰になったとき、応急処置として湿布を貼るのは効果的といわれています。

ぎっくり腰は靭帯や筋肉が傷ついている状態なので、湿布を貼ることで痛みを和らげる効果が期待できるでしょう。

 

またぎっくり腰になった直後にマッサージやストレッチは絶対行わないようにしてください。

自己判断せず、すぐに病院や整体院に行くのがおすすめです。

ぎっくり腰の時は冷やす?温める?

炎症による痛みには温めるよりも冷やす方が効果的といわれています。

ただし数日経ち、痛みが和らいできたら温めて血流を流していきましょう。

 

痛みがあるうちは冷やす、痛みが引いてきたら温めるというように覚えておいてください。

ぎっくり腰の予防方法

 

ぎっくり腰にならないよう、普段の生活に気をつければ予防することが可能です。

ぜひ以下の5つのポイントを意識して生活してみてください。

無理な姿勢をとらない

前かがみや反り腰の姿勢は腰に大きな負担をかけます。

荷物を運ぶ作業が多い人、子育て中のパパやママは前かがみの姿勢になったり、反り腰の姿勢になったりしやすいので注意。

 

普段から腰のケアを重点的に行うように心がけましょう。

ストレスを発散する

ストレスは筋肉を緊張させるだけでなく、痛みに敏感になる可能性が高くなります。

仕事や人間関係など、日頃からストレスを感じている人はストレスを発散するよう心がけましょう。

 

リラックス効果のある音楽を聞く、好きな食べ物を食べるなど、日常的にストレスを減らす努力をしてみてくださいね。

適度に運動する習慣を身につける

筋肉が凝り固まらないよう、適度に運動を取り入れるとぎっくり腰を予防できるでしょう。

激しい運動でなくても、ウォーキングやストレッチなど軽い運動でOK。

 

運動が苦手な人は「運動しなきゃ」と思うとストレスになってしまうので、自分が快適と思えるくらいの運動を取り入れてみてください。

食事のバランスを意識する

内臓に負担をかけないよう、食事のバランスを意識するのもぎっくり腰予防には大切なポイントです。

とくに糖質を多く含むものや脂質の多い食事にならないよう、栄養バランスを見直してみてください。

 

一食で主食、主菜、副菜、汁物を摂るようにすると、食事のバランスが良くなりますよ。

また飲みすぎやドカ食いは内臓に大きな負担を与えるので、気をつけましょう。

すぐ効く!ぎっくり腰のストレッチ方法【ツボもご紹介】

 

ぎっくり腰にならないよう、また治った後に再発しないよう、日頃からストレッチやツボ押しの習慣を身につけておきましょう。

以下のストレッチやツボ押しは簡単にできるので、ぜひすき間時間やお風呂上りなどに行ってみてくださいね。

(マッサージ・ストレッチ動画)

ストレッチの効果をより上げるにはたけだ整骨院の施術はこちら!

 

札幌市を中心に10院を構えるたけだ整骨院では、ケガの治療やリハビリだけでなく、整体ストレッチも行っています。

固くなった筋肉をほぐし、血流を良くしてくれるので、ぎっくり腰予防に最適ですよ。

 

また腰に負担がかかる原因である姿勢の悪さや体のゆがみを改善するのに効果的な骨盤矯正なども受けられるので、ぜひたけだ整骨院で体をメンテナンスしてみてください。

まとめ

 

腰に負担がかかりやすい生活をしていると、どうしてもぎっくり腰になりやすくなってしまいます。

しかし、日頃の生活を見直したり、ストレッチを取り入れたりすることでぎっくり腰を予防することは可能。

 

「定期的にメンテナンスをしたい」「自分でやるよりもプロにお願いしたい」という人は、ぜひたけだ整骨院を訪問してみましょう。

施術を行うだけでなく、気になる痛みの相談も親身に聞いてくれますよ。

名前:ダミー著者

ダミーテキスト です。著者の説明文が入ります。ダミーテキスト です。著者の説明文が入ります。ダミーテキスト です。著者の...