新着記事一覧

腰痛の原因と解消法を詳しく解説!

症状の原因と対策

「腰痛で仕事をするのが大変」「日常生活に支障をきたすくらい悩まされている」など、慢性的な腰痛に悩まされている方はいませんか?
厚生労働省による調査では職業性疾病の第1位になっており、腰痛に悩まされている人は日本人の4~5人に1人という割合です。
働き盛りが腰痛により、休職や失業することが多く、もはや腰痛は国民病とまでいわれています。
社会福祉施設、小売業、運送業、看護師などの職業で多くなっており、特に社会福祉施設では増加傾向にあります。
今回はそんな腰痛の原因や対処法を解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

前にかがむと痛い?腰痛の症状をチェック!


腰痛は、腰まわりの筋肉の硬さや関節の衰えが深く関係しており、これは主に加齢で柔軟性が減少し、こわばってくることが原因です。
硬くなっているところに無理な動きを与えると発症しやすくなります。

腰痛は症状により、大きく4つのタイプに分かれます。
痛みのタイプを把握すれば、より効果的な対処ができますので要チェックです!

前屈腰痛

前屈したときに痛みがでるタイプで、腰痛の約4割がこれにあたります。
背骨の椎骨間にある「椎間板」にはゼリー状の髄核があり、クッションの役割をしており、髄核が減るなどの、何らかの問題が生じた場合、前かがみなどのちょっとした動作でも痛みが生じます。

猫背の人や背筋が悪い人、前かがみになるデスクワークが多い方はなりやすいので要注意です。
椎間板が圧迫されて起こる痛みなので、上からマッサージしても症状は改善されません。

のけぞり腰痛

腰を反らせたときに痛みが出る腰痛で、約4割の方がこのタイプで、腰だけでなく背中のほうまでじわじわと痛くなることがあります。
前屈腰痛では前かがみの荷重を支える椎間板が関係しましたが、のけぞり腰痛では反らせたときの荷重を支える椎間関節に問題があります。

洗濯物を干す、電車のつり革を持つなどの、何気ない動作でも反り気味になっているもので、ハイヒールを履く方や肥満気味の方も、のけぞり腰痛になりやすい傾向があります。
また、のけぞり腰痛がひどくなると椎間関節症という、いわゆるぎっくり腰の症状が起こります。

筋性腰痛

筋性腰痛は、腰の筋肉や筋膜に荷重がかかり過ぎて発症し、筋肉の使いすぎで炎症が起きた状態ですが、レントゲン上では異常が無いというのが特徴です。
いわゆる筋肉痛というもので、スポーツのし過ぎで腰筋肉を痛めたときにも起こります。

仕事では、運送業などの肉体労働、同じ姿勢を続けるデスクワークなど、筋肉や筋膜へ持続的なストレスがかかると発症します。
痛い場所をピンポイントで特定できるので、筋肉を揉みほぐすと改善します。

お尻腰痛

お尻腰痛は、仙骨まわりの歪みや炎症が原因で起こります。
仙骨とは骨盤の中心にある逆三角形の骨で、複数の靭帯で強く固められています。

中腰での作業を繰り返し行う方に起こりやすい腰痛ですが、産後の女性にも多く発症します。
これは妊娠中に分泌されるホルモンが仙骨の靭帯を緩ませるためです。
出産した後でも正常に戻らず、臀部に痛みが起こります。

腰痛の原因は?原因不明って本当?


レントゲンやMRIなどの検査で原因が明確になる腰痛を「特異的腰痛」といい、足の痛みやしびれなど下肢症状がない腰痛を「非特異的腰痛」と言います。

非特異的腰痛が、腰痛全体の85%であり、原因を特定できないと日本整形外科学会と日本腰痛学会が監修した「腰痛診療ガイドライン」で発信されたことがありました。
しかし、その後2019年に改訂された「腰痛診療ガイドライン」では、腰痛全体で原因不明なケースは25%で、75%以上は原因を特定できると改められました。
経験豊富な整形外科医が丁寧な問診を行うことで、ほとんどの腰痛は診断が可能です。

しかし、下肢症状がない腰痛の場合は、問診に長けた外科医選びをする必要があるため、原因不明といわれても、あきらめずにセカンドオピニオンを試しましょう。

がんの可能性も

腰痛が生じると、ヘルニアや単純な疲労による原因だと思いこんでしまいますが、最悪の場合、がんが原因のこともあります。
激しい腰痛が続き、徐々に食欲が低下する場合は、早急に病院へ行きましょう。
黄疸が出はじめてようやく肝臓がんが発覚しても手遅れになりかねません。
他にも、圧迫骨折、腹部大動脈瘤、泌尿器科系、婦人科系などの病気が隠れていることもあるため、発見が遅れて深刻な状況になる前に、医療機関で適切な検査を受けましょう。

腰痛の場所で原因・対処法は変わる?


腰痛の場所や痛みの度合いで対処の仕方が異なるため、原因に応じて適切なケアを行うことがもっとも重要です。
対処法には、自分で行える運動療法や専門家によるものまでさまざまで、薬物療法・温熱療法・神経ブロック注射などがあります。
痛みをがまんして日常生活に支障きたす前に、自己判断せず、適切な処置をうけましょう。

薬物療法

消炎鎮痛作用のある内服薬、湿布薬、ぬり薬を使って痛みを和らげます。
血流改善作用のある薬で緊張した筋肉を緩めます。

温熱療法

冷えやこりが原因の腰痛に効果的な療法です。
患部を温めて血流を改善させ、痛みを和らげます。
炎症性の場合には逆効果で、症状を悪化させてしまうので注意が必要です。

神経ブロック注射

神経の周辺にステロイド剤や局部麻酔の薬を注射します。
痛みが伝わるのを直接的にブロックする対処治療なので、痛みがひどい時に効果的です。

ストレッチの効果をより上げるには?たけだ整骨院の施術はこちら!


たけだ整骨院は、全国約12万件から厳選された優良な治療院ベスト100に選ばれています。
整骨院は、リラクゼーション的施術が主な整体院とは大きく違い、厚生労働省が指定する国家資格を持った柔道整復師が施術を行います。
医師免許資格者と同じように、脱臼・捻挫の治療・ずれた骨を戻す治療の他に、むち打ち、骨折などの医療行為が行えます。
たけだ整骨院では、鍼灸治療、武田式ハイボルト療法、矯正治療、さらに整体ストレッチ治療を提供しています。
まずは身体の歪みを治し、凝り固まった筋肉をほぐすことでストレッチの効果をより実感できます。

矯正治療

身体の歪みを正して、バランスを整えます。
正常に戻すことで身体の動きが改善されるため、不快なこりやハリ、痛みなどから開放されて体調の改善が実感できます。
特に、女性におすすめなのが産後の骨盤矯正やO脚矯正などで、出産で開いた骨盤を正しい位置に戻します。
O脚は骨盤とも関係しているので、骨盤周りのサイズダウンも期待でき、産後の腰痛、肩こり、冷えやむくみの改善に効果的です。

鍼灸治療

はり・きゅうでツボを刺激して血管を拡張します。
血行が良くなり、筋肉の緊張が取れて痛みが緩和されるので、腰痛・肩こり・頭痛・不快な胃腸の症状や、冷え性、婦人科系の疾患に効果的です。
たけだ整骨院では、健康保険で鍼灸治療が受けられます。

武田式ハイボルト療法

ハイボルト療法は電気刺激治療器を使う施術です。
長年苦しんでいる腰痛やぎっくり腰・坐骨神経痛・膝の痛みなどに効果的です。
また、痛み止めを飲んでも改善されないひどい症状をその場で激減させるので、動かなかった筋肉がラクに動くようにもなります。
ハイボルトでは、病院でのレントゲンやMRIに写らない筋肉・骨格・神経の状態を検査することが可能なので、痛みを取り除いたうえで、痛みの原因を突き止めことができます。

整体ストレッチ

たけだ整骨院の整体ストレッチは、イチオシの療法で、神経や筋肉に十分な血液が流れるようストレッチ施術を行います。
硬い筋肉を手技で緩めリラックスさせることで、痛みの感知度も下がり、疲労・不眠・冷え性などが改善され、肩こり・腰痛・体の歪みにも効果的です。
保険が使える施術の他に、自費での診療内容もあります。

たけだ整骨院の詳細はこちら

まとめ

  • 腰痛の症状から4タイプに分類できる
  • 最悪の場合はがんの可能性もある
  • 腰痛には専門家による適切な処置で行う
  • たけだ整骨院は国家資格をもつ柔道整復師がそろっている

ひとくちに腰痛といっても、人によって原因はさまざまです。
そのため、生活習慣や職業環境の場合、治療を開始したからといってすぐに結果がでるものではありません。
症状を改善して快適な日常生活をおくるために、対処法だけでなく根本的な解決をすることをおすすめします。
今回ご紹介した、たけだ整骨院は、原因をつきとめる診断技術があり、信頼できる整骨院です。
保険適応の施術もあるので、気になる方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

名前:たけだ整骨院

...