新着記事一覧

腰椎椎間板ヘルニアの原因と解消法を詳しく解説!

症状の原因と対策

腰椎椎間板ヘルニアは、誰でも発症するリスクがあるにも関わらず、重篤化すると日常生活に支障が出てしまう厄介な病気です。
発症後は常に腰の痛みと闘うことになってしまうのですが、筋力トレーニングやストレッチを適切に行うことで、痛みを和らげることができます。
当記事では、腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因、症状を緩和させる方法や治療法などを紹介します。
ヘルニアに悩んでいる方は、参考にしてください。

腰椎椎間板ヘルニアの症状をレベル別にチェック!


腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の骨と骨の間にある椎間板という組織があるべき位置からはみ出し、骨に沿って存在する神経を圧迫してしまう病気です。
神経圧迫の他、はみ出した椎間板が神経と癒着してしまったり、炎症を起こしてしまうことで、様々な症状を引き起こします。
また、腰椎椎間板ヘルニアには神経根型と馬尾型2種類があり、馬尾型の方が重症化しやすいです。

いずれにせよ進行レベルによって以下のような症状が引き起こされ、重症化すると日常生活にも支障が出てしまいます。

  • レベル1:腰痛のみ
  • レベル2:腰痛と下肢の軽いしびれ
  • レべル3:腰痛と両下肢のしびれ・痛み
  • レベル4:レベル3の症状に加え両足の裏側にしびれがでる
  • レベル5:レベル4の症状に加えしびれがお尻にも出てくる
  • レベル6:レベル5の症状に加えお尻がほてりだす
  • レベル7:レベル6の症状に加え歩くだけで尿が出そうになる

以上のように、腰椎椎間板ヘルニアが重症化すると下半身の痛みやしびれだけでなく排尿障害も発症してしまうので、軽度のうちに治療を受けることが重要です。

腰椎椎間板ヘルニアの原因


腰椎椎間板ヘルニアが発症する原因は完全に解明されてはいませんが、主に以下のような要因が原因になると考えられています。

  • 加齢
  • 姿勢や動作などの環境要因
  • 遺伝的な要因
  • 交通事故など

椎間板は髄核と呼ばれるゼリーのような組織を線維輪という繊維状のコラーゲンでできた膜で包んだ構造をしています。
加齢によって椎間板が老化すると、線維輪が破れてやすくなり、髄核がはみ出しやすくなってしまうのです。

また、椎間板は縦方向の力に強い良い反面曲げ方向やひねり方向の力に弱く、体を強くひねったり、重いものを持ち上げたりすることが多いと発症しやすくなります。
上記のような運動強度が高い行動の他、腰に負担のかかる姿勢で長時間椅子に座っていたりすることも発症の原因です。

体質や骨の形状などの遺伝的要因や、交通事故などの強い衝撃が原因になることもあるため、腰椎椎間板ヘルニアは誰にでも発症の可能性がある病気といえます。

腰椎椎間板ヘルニアが治るまでの期間はどのくらい?


一般的に腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板周辺の炎症が収まり線維輪が修復されるまでに3か月程度かかるとされています。
3か月程度で治る腰椎椎間板ヘルニアは症状が軽度で済むものが多く、安静にしていれば自然治癒も可能です。

しかし、場合によっては3か月のうちにどんどん症状が重くなっていくこともあるので、3か月耐えれば自然に治ると安易に考えず、症状が軽度なうちに治療を受けるのが良いでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアでやってはいけないこと


腰椎椎間板ヘルニアの診察を受けたり、可能性が疑われるような症状が出ている場合には、腰椎に曲げ方向やねじり方向の力を加えないことが重要になります。
そのため、中腰の体勢を続けたり長時間椅子に座り続けるのは大変危険です。

また、運動不足で筋肉が衰えると、腰回りの脂肪の重みを腰骨で支えることになってしまうため、腰椎に負担がかかってしまいます。
腰椎椎間板ヘルニアの症状があるうちは、腰に負担のない姿勢を意識し、適度な運動を心がけるようにしましょう。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法


腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法として有効なのが以下の2つです。

  • 正しい姿勢を保つこと
  • バランスの良い食生活

正しい姿勢を保ち続けることができれば、腰への負荷を最小限に押さえることができるので、結果的に痛みを抑えることができます。
正しい姿勢を保つためには、腹筋と背筋の筋力が必要です。
特にクランプなどの体幹運動は、腰に負担を与えることなく効率的に筋力アップをすることができるのでおすすめです。
また、腰回りの体脂肪を落とすことも負担の軽減につながるので、ウォーキングや水泳などの軽い有酸素も有効です。

加えて、腰椎椎間板ヘルニアは組織の損傷や炎症によって引き起こされているので、予防や回復のためには適切な栄養素が必要になります。
現代人は食事から摂る栄養素が炭水化物に偏りがちなので、ビタミンやミネラル、タンパク質も意識して摂取するように心がけ、回復力を高めましょう。

ストレッチの効果をより上げるたけだ整骨院の施術はこちら!

Male Osteopath Treating Female Patient With Hip Problem

たけだ整骨院では、腰椎椎間板ヘルニアを、手術ではなくマッサージなどによる保存療法で治療することができます。

たけだ式のハイボルト療法(高圧電流による治療)によって痛みを抑えつつ、整体マッサージによって背骨や骨盤を正しい位置に矯正し、症状を悪化させることなく早期の自然治癒を促すことが可能です。

あくまで「切らずに治せる」のが特徴で、手術に抵抗がある形でも安心して腰椎椎間板ヘルニアを快方へ向かわせることができます。
腰部に痛みやしびれが出始めたという人は、症状が重くなる前にたけだ整骨院の診察を受けてみてください。

まとめ

腰椎椎間板ヘルニアについてお話ししてきました。
腰椎椎間板ヘルニアになる原因はさまざまですが、特に腰に負担のかかる姿勢や運動を続けている人は発症のリスクが高いので注意が必要です。
すでに腰椎椎間板ヘルニアが発症している人や、似たような症状が出ている人は、正しい姿勢を保てるように筋力トレーニングを行いつつ、ストレッチで筋肉を柔らかく保つことで痛みを和らげることが可能です。
しかし、症状が重症化すると、気軽に歩き回るのも難しくなってしまうので、症状を意識したら早めに診察を受けることをおすすめします。
たけだ整骨院では、3年以上の養成校を卒業後、厚生労働省による国家試験に合格した柔道整復師、鍼灸師による治療体制が整っています。
腰椎椎間板ヘルニアの悪化を防ぎつつ早期の回復を目指すためにも、是非一度たけだ整骨院をお尋ねください。

名前:たけだ整骨院

...