新着記事一覧

寝違えの原因と解消法を詳しく解説!ロキソニン飲んだり、ほぐしたりしていいの?

症状の原因と対策

不自然な体勢で寝てしまうと、起床時に首や肩が痛みを感じることがありませんか?
これは一般的に「寝違え」と言いますが、時間がたっても症状が治まらない時は別の病気の可能性もあります。
また、体を動かすと痛みが出る時と何もしなくても痛みが出る時があり、寝違えはとても厄介です。
そのため、一度寝違えてしまうと生活に支障がでてしまうので、適切な対応をする必要があります。
当記事では、寝違えの原因や解消法のご紹介をしていくのでぜひ参考にしてください。

寝違えの症状をチェック!


寝違えで引き起こされる首の痛みや肩の痛みは、放置できない痛みを感じることがあります。
日常生活にも支障が出てしまうほどの痛みを伴うこともあり、できるだけ早めの対処をしたいところです。
しかし、首の後ろのや肩の痛さは、寝違えだと思っていても他の病気の可能性もあります。現在の症状から、寝違えかどうかをチェックしていきましょう。

  • 動かすとピリッとした痛みを感じる
  • 痛みで首が回せない
  • 首の痛みと腕のしびれがある
  • 特定の方向を向くと痛みを感じる

寝違えは、特定の方向を向くと痛みを感じやすい傾向にあります。
上記の症状が出ているのであれば、寝違えの可能性が高いので、早めの治療を行いましょう。

寝違えの多い原因


寝違えを引き起こす原因は、主に睡眠中の姿勢が多いですが、体に合わない寝具も要因のひとつです。
頻発に寝違えが起こる方は、なにが原因なのかを把握すると良いでしょう。

首の場合

首の血管が圧迫され、流れが滞ってしまう事が原因で寝違えが起こるのが一般的です。
体勢を安定させるために睡眠時は定期的に寝返りを打ちますが、泥酔時や体調不良だと動きが制限されます。
寝返りが打ちにくい環境や、体調などによって引き起こしやすいので注意が必要です。

肩の場合

首の場合と同じく、肩周りの血管が滞ってしまう事が原因で寝違えが起こります。
デスクワークや運動など、肩に負担のかかる動きを多くした日に起こることもありますが、明確な要因は解明されていません。
睡眠中に体が冷えたことによる、血行不良も要因になるので、頻繁に起こる方は日常生活の見直しが必要です。

枕の場合

新しい枕に変えたり、外出先で枕が変わると寝違えを起こすことがあります。
例えば、枕が高すぎて首に多くの負担をかけてしまい、首周りの筋肉に炎症が起こる事が要因とも言われています。
また、硬すぎたり柔らかすぎる枕だと、寝返りが上手く打てずに血行を悪くしてしまうので新しく購入する際などは気をつけてください。

治療法は?


寝違えの辛さは日常生活に大きなダメージを与えるので、一刻も早く痛みから解放されたいと思う方は多いかと思います。
首周りは神経や大きな血管もあり、下手に触ってしまうと余計に悪化させるので注意が必要です。
ここからは、寝違えた際に行う適切な治療方法についてご紹介していきます。
今回紹介した内容で一向に治らない場合には別の病気の可能性もあるので、早めに受診してください。

ロキソニンの内服や ロキソニンテープは?

ロキソニンの内服薬は、非ステロイド性抗炎症薬と言われるもので、炎症を抑える効果があります。
即効性もあるので、服用すると痛みを抑えられますが、ロキソニンの内服をする前には、必ず医師や薬剤師に相談をしてください。
また、痛みを感じる場合には、炎症が起きているので患部を冷やすのが効果的です。¥ロキソニンテープは、内服薬と同じで非ステロイド性抗炎症薬が入っています。
寝違えが起こってからすぐに貼ると、高い効果を得られるのでおすすめです。

自分でほぐすのはいいの?

自己流のマッサージは悪化させる原因となるので、自分でほぐすのはNGです。
痛みを緩和させようとストレッチをすると、痛みが広がってしまい治りが悪くなります。
寝違えはコリではなく、炎症なので安静にさせておくのが一番大切です。

ストレッチの効果をより上げるにはたけだ整骨院の施術はこちら!


寝違えは、不自然な姿勢が原因になることが多いですが、体の緊張状態が強いと起こることもあります。
血行不良で寝違えが起こる場合もあり、体のメンテナンスをしっかりとしておくことで事前に防ぐことも可能です。
たけだ整骨院は、北海道に10件の整骨院を構えていて、ニーズに合わせて訪問診療も提供しています。
酷い寝違えで来院できない場合には訪問診療も行っているのも強みです。
また、鍼・整体ストレッチ・武田式ハイボトル・矯正治療など症状に合わせた施術を提供しています。
体に合わせた施術で、高い効果を得たい方はぜひたけだ整骨院にお越しください。

たけだ整骨院の詳細はこちら

まとめ

寝違えの原因と解消法をご紹介してきました。寝違えが起こる原因にはいくつかの原因がありますが、基本的には日々のストレッチなどで防ぐ事ができます。
もし寝違えてしまった場合は、一次的な対策として冷シップや医師の相談の元、炎症を抑制する痛み止めを服用すると良いでしょう。
その後診察を受けて、適切な処置を受けると安心です。
また、たけだ整骨院では、日常生活を快適に送れるような施術をしています。
頻繁に寝違えてしまう方や、現在寝違えでお困りの方はぜひたけだ整骨院にご来院ください。

名前:たけだ整骨院

...