ハンバーガーメニュー
閉じる

マタニティ整体とは|危険性はある?期待できる効果や施術時期、注意点を解説

画像
  • 日付2022.11.29
  • 更新2023.02.01

マタニティ整体で、妊娠中の身体のケアを検討している妊婦さんも多いのではないでしょうか。
「妊娠中の整体は危険では?」「どのような効果があるの?」など不安や疑問もあるでしょう。
この記事では、マタニティ整体とは何なのか概要と期待できる効果を解説します。
マタニティ整体について「危険性はあるのか」や「受けるときのポイント」なども紹介します。
ぜひ最後まで読んで、妊娠中の不安や痛みをやわらげるための参考にしてください。

\北海道内に5院展開!/

マタニティ整体とは?どんなことをするの?

腰に手を当てて苦しむ妊婦
マタニティ整体とは、妊婦さんに特化した整体の施術です。
妊娠中はさまざまな悩みや身体の変化が起こります。
そういった悩みや変化などに寄り添った施術をするのが、マタニティ整体です。
妊娠中、以下のような悩みはないでしょうか?

  • 腰痛や背中の痛みがつらい
  • 骨盤が痛くて座るのがつらい
  • お腹が大きくなって肩こりがつらい
  • 足がむくんで痛みがつらい
  • つわりがひどい
  • 逆子といわれて不安

妊婦さんは妊娠によって心身へ負担がかかり、さまざまな不調やストレスを感じるようになります。
マタニティ整体は赤ちゃんへ負担がないように、妊婦さんの身体や内臓のゆがみを調整したり不安を軽減したりする施術です。

マタニティ整体で期待できる効果

腰に手をあてる妊婦
マタニティ整体により、妊婦さんにどのような良い効果が期待できるのでしょうか。
マタニティ整体の効果を知れば、つらい妊娠中の悩みや不安をやわらげられる方法があることを理解し安心感を得られるでしょう。
マタニティ整体で期待できる効果は、以下のとおりです。

  • 妊娠中のコリや痛みの症状を緩和
  • 骨盤矯正で痛みやしびれの緩和
  • 逆子を防止する
  • 早産を防止する
  • むくみを改善する

マタニティ整体は、上記などの症状をおもに骨盤の調整によって緩和する方法です。
ここではマタニティ整体で期待できる、それぞれの効果について解説します。

妊娠中のコリや痛みの症状を緩和

マタニティ整体は、妊娠中のコリや痛みの症状を緩和する効果が期待できます。
腰や頭の痛み、肩こりなど、妊娠中にはさまざまな痛みやコリを感じます。
コリや痛みの原因と考えられているのが、骨盤のゆがみや可動域の低下、お腹を支えるための姿勢の変化などです。
また、ホルモンの分泌による影響があるともいわれています。
マタニティ整体では骨盤のゆがみや身体の可動域を調整することで、妊娠中のコリや痛みの緩和を促すことが期待できます。

骨盤矯正で痛みやしびれの緩和

骨盤矯正をすることで痛みだけでなく、しびれを緩和する効果も期待できます。
痛みやしびれは妊娠によるホルモン分泌によって起こる、骨盤まわりや筋肉の緩みが原因です。
また、妊娠中の血液量増加によるむくみや赤ちゃんの重さが、神経や血管を圧迫することも一因と考えられています。
マタニティ整体により、骨盤の調整や筋肉の緊張をほぐすことで痛みやしびれの緩和が期待できます。
マッサージによりむくみが改善され、神経や血管への圧迫も軽減が可能です。

逆子を防止する

マタニティ整体により、逆子を防止したり改善できたりすることも期待できます。
逆子になる確率は3〜5%といわれていますが、原因の全容は明らかにされていません。
一部、明確にされている原因のひとつに、妊婦の骨盤の幅が狭いことが挙げられています。
通常、お腹の赤ちゃんは自然回転で頭の位置を改善しますが、骨盤の幅などにより自然回転を妨げてしまうケースもあるのです。
マタニティ整体では、骨盤が正常な位置にくるように促す施術を行います。
そのため、赤ちゃんが自然回転しやすい環境をつくれるのです。

早産を防止する

マタニティ整体は、早産を防止する効果も期待できます。
早産とは出産予定日よりも早い、妊娠6〜9カ月前後で出産することです。
早産は、赤ちゃんの呼吸困難や低体温症、感染症などのリスクがあります。
早産の原因はさまざまですが、赤ちゃんに十分な栄養が届いていないこともひとつの原因です。
マタニティ整体では骨盤まわりの調整により、妊婦さんの内臓を正常な状態にすることを促します。
妊婦さんの内臓が健康になれば赤ちゃんの健康も保たれるので、早産の原因のひとつを防げるのです。

むくみを改善する

マタニティ整体は、むくみを改善する効果も期待できます。
むくみは前述した妊娠中の血液量増加のほか、腎臓を中心とした内臓の圧迫やゆがみも原因です。
内臓の圧迫やゆがみにより、リンパの流れが悪くなることでむくみやすくなります。
マタニティ整体によって骨盤まわりや筋肉を調整すれば、内臓も正常な状態に戻せることが期待できます。
正常な状態にもどし内臓の圧迫やゆがみを改善できれば、身体もむくみにくくなるので、マタニティ整体はおすすめです。

マタニティ整体はいつからいつまで?

カレンダー
マタニティ整体は、いつからいつまでが安全に受けられる期間なのでしょうか。
妊婦さんそれぞれに個人差があるので、絶対に大丈夫な期間という意味での断言はできません。
マタニティ整体などの施術を受ける場合は、通っている産婦人科の専門医か助産婦へ相談したうえで検討してください。
マタニティ整体などの施術を受けられる一般的な期間は、胎盤ができてくる安定期にはいった時期からです。
安定期は妊娠5カ月(16週)前後が一般的とされています。
安定期は流産リスクが低下し、つわりなども徐々になくなってくる時期です。
安定期は妊娠初期と比較して身体も動かしやすくなるので、日常生活も送りやすくなります。
そのため、マタニティ整体などの施術も、安全に受けられる時期といえるのです。
ただ、個人差があることだけは頭に入れておきましょう。

妊婦の整体は保険適用するの?

保険が適用されるか考える妊婦
マタニティ整体は、原則健康保険が適用されない施術です。
ただし、以下のような条件に当てはまる場合は保険適用になる可能性があります。

  • 腰など身体の痛みが強くなった日が明確であること
  • 妊娠中のケガなどにより痛みがあること

妊婦さんの整体で健康保険が適用されるのは、痛みのあることが前提です。
さらに痛みが始まった日やケガをした日、原因などを明確にする必要があります。
例えば、リラクゼーション目的や疲労回復、慢性的な肩こりなどは健康保険の対象外です。
骨盤矯正であっても、痛みがない場合には健康保険は適用されません。

マタニティ整体は危険?禁忌を知ってリスクを避けよう

整体を行う際の禁忌を調べる妊婦
妊娠中にいろいろ調べていると、整体などを受けるのは危険だと目にすることもあるでしょう。
マタニティ整体は、妊娠で起こるさまざまな症状を緩和する効果が期待でき、妊婦さんにとって大きなメリットがある施術です。
マタニティ整体自体が危険なわけでなく、禁忌を知ってリスクを避けることが重要だと考えましょう。
マタニティ整体などの施術を避けたほうがよいのは、以下のケースです。

  • 安定期以外での施術
  • 妊婦さんに慣れていない施術

先述したように、安定期までは整体などの施術を受けるのは避けましょう。
また、妊婦さんを理解していない整体院で施術を受けるのも危険を伴います。
マタニティ整体では、一般的な施術とは異なる体勢で行うものです。
圧迫すると危険な部分もあるので、十分に理解している施術者でなければなりません。
どちらにしても専門医や助産婦へ相談したうえで検討することをおすすめします。

マタニティ整体を受けるときのポイント

マタニティ整体でカウンセリングを受ける妊婦
マタニティ整体には、多くのメリットがあります。
ただ、前章で紹介したようにリスクを避けなければ安全とはいいきれません。
安全にマタニティ整体を受けるなら、以下のポイントを意識しましょう。

  • マタニティ整体の実績が豊富な整体院を選ぶ
  • 妊娠中であることを整体院に伝える
  • 体調がすぐれないときは控える
  • 無理な姿勢をしない

もっとも重要なポイントは、妊婦さんを理解し妊婦さんの施術に実績がある信頼できる整体院を選ぶことです。
ここでは、それぞれのポイントを解説します。

マタニティ整体の実績が豊富な整体院を選ぶ

マタニティ整体の実績が豊富な整体院を選ぶのがポイントです。
実績豊富な整骨院なら、妊婦さんの状態を理解した対応ができます。
ノウハウの蓄積もあるので、さまざまなケースでの適切な施術も期待できるでしょう。
また助産師が在籍している整体院を選ぶのもポイントです。
妊婦さんそれぞれに合った施術メニューを考えてくれるので、安心して受けることができます。
施術以外にも妊娠による不安や疑問を相談できたり、アドバイスを受けたりすることも可能です。
たけだ整体院・整骨院は北海道で30年以上の運営実績があり、多くのマタニティ施術を行ってきました。
助産婦による適切な施術メニューを提案できるので、お気軽にご相談ください。

妊娠中であることを整体院に伝える

マタニティ整体を受けるときは、整体院へ妊娠中であることを必ず伝えてください。
助産婦が在籍している整体院ならヒアリングを行って、妊婦さんの状態を確認したうえで施術してもらえます。
妊娠何カ月なのかや痛みやしびれなどの状態、何を緩和したいのかなどをしっかりと相談し、説明を受けましょう。
体調の状態を伝えておくのも重要です。
状態によっては、施術を避けたり方法を変えたりしたほうが良いケースもあります。
助産婦など知識のあるスタッフが在籍している整体院なら、しっかりと見極めてくれるでしょう。

体調がすぐれないときは控える

体調がすぐれないときは、施術をうけるのを控えましょう。
妊婦さんの体調は変化しやすいのが特徴です。
体調が悪いのに無理をして受けてしまうと、さらに気分が悪くなったり体調が悪化したりする可能性もあります。
予約している場合は「キャンセルしづらい」と考えてしまうものです。
ただ、マタニティ整体の実績が豊富な整体院では妊婦さんに対する理解があるので、柔軟に対応してくれます。
施術中に体調が悪くなったときも、遠慮せずに施術者へ伝えることが重要です。

無理な姿勢をしない

無理な姿勢をしないのもポイントです。
施術中に圧迫感や息苦しさを覚えたら、すぐに施術者へ伝えましょう。
我慢していては施術者が気づかずに無理な姿勢のまま続けてしまいます。
仰向けや横向きなどは比較的大丈夫ですが、うつぶせはお腹を圧迫する姿勢です。
妊娠中は避けなければならない姿勢なので注意しましょう。
マタニティ整体を行っている整体院では、妊婦さんの施術に慣れているので無理な姿勢を求めることはありません。
ただ、人それぞれ感じ方は異なるので、苦しくなったらすぐに伝えることが重要です。

マタニティ整体はたけだ整体院・整骨院にご相談ください

たけだ整体院・整骨院公式HP
マタニティ整体は、30年以上の運営実績がある「たけだ整体院・整骨院」にご相談ください。
妊婦さんの不安や疑問に寄り添った、妊娠中のトラブルを改善するためのマタニティオリジナルメニューがある整体院です。
たけだ整体院・整骨院のマタニティ整体では、以下のように妊婦さんが安心して利用できる環境を整えています。

  • 助産師が施術メニューを監修
  • 国家資格取得者が施術

上記の特徴を中心に、なぜ「たけだ整体院・整骨院」のマタニティ整体がおすすめなのかを紹介します。
たけだ整体院・整骨院には、妊婦さんが安心して利用できる環境があります。
マタニティ整体を検討しているなら、一度ご相談ください。

助産師が施術メニューを監修

たけだ整体院・整骨院のマタニティ整体は、在籍する助産婦が施術メニューを監修しています。
妊婦さんそれぞれで異なる症状に対し、一人ひとりに寄り添ったメニューを提案できるのが特徴です。
もちろん、お腹の赤ちゃんに負担のない施術を第一に考えています。
助産婦には妊娠中の不安や疑問も相談できるので、さまざまなアドバイスを受けることも可能です。
相談することで気持ちが楽になるケースもあるので、施術以外のことでも妊娠に関連する内容ならご相談ください。

国家資格取得者が施術

たけだ整体院・整骨院のマタニティ整体は、すべて国家資格取得者が施術します。
体調の変化が激しい妊婦さんへの施術には細心の注意を払わなければなりません。
30年以上の運営実績によるノウハウで、妊婦さんへも安心・安全な施術が可能です。
たけだ整体院・整骨院では、妊婦さんを理解した経験豊富な施術者による施術を行っています。
妊婦さんそれぞれの状態や体調に配慮した、安全な施術が可能です。
国家資格のある経験豊富な施術者が担当し、負担が少ないマッサージで効果的に施術を行います。

\北海道内に5院展開!/

まとめ

お腹を支える妊婦さん
マタニティ整体について概要と期待できる効果を中心に、危険性の有無や受けるときのポイントなど解説しました。
マタニティ整体は痛みやしびれ、むくみに効果が期待できるほか、逆子や早産を防ぐことも期待できます。
マタニティ整体が危険となる可能性があるのは「安定期以外での施術」「実績が少ない整体院での施術」などです。
助産婦が在籍する妊婦さんに理解のある整体院なら安心・安全に利用できるだけでなく、妊娠についての相談もできます。
マタニティ整体を検討するなら、妊婦さんに理解がある実績豊富なたけだ整体院にご相談ください。